グルーを使ったデコレーションレッスンはグルーアーティストジャパン協会

la tiaraの利用規約

利用規約

本利用規約(以下「本規約」という)には、株式会社ブリス(以下「当社」という)又は、グル―アーティストジャパン協会の認定を受けたインストラクター (以下「認定インストラクター」という)が提供する講座(以下「本講座」という)を受講するにあたっての受講生と当社又は認定インストラクターとの間の契約条件が規定されています。第1条(本規約の範囲及び変更)
1.受講者(以下「受講者」という)は、認定インストラクターもしくは当社の運営するウェブサイト(以下「本サイト」という)から案内された本規約掲載画面の「同意する」ボタンをクリックすること、認定インストラクター又は当社の指定する申込書に記名捺印すること、又は、本講座へ参加する場合は、事前に本規約の内容を確認した上で承諾するものとし、これらの行為後は承諾したものとみなされます。
2. 当協会は、本規約を変更する場合には、受講者及び認定インストラクター等に通知を行うものとします。当該通知後、申込者、認定インストラクター等は変更された本規約を確認し、同意した上で、受講生又は認定インストラクターとしての活動を行うものとします。第2条(提供サービス)
受講者は、第3条で定める受講料金を対価として、当社又は認定インストラクターが提供する本講座を受講できるものとします。第3条(受講料金等)
1.受講者は、当社又は認定インストラクターが受講申込の承諾通知を受領後直ちに承諾通知記載の方法により、本サイト上その他の媒体で当社又は認定インストラクターが掲示する受講料金表(以下、「受講料金表」という)に基づき算定される受講料金を支払うものとします。なお、受講料金や商品の購入費用は、事前の通知なく変更されることがありますが、受講生はそれを確認の上、受講又は購入するものとします。
2.受講者は、当社の販売する本機材を別途定める割引料金で購入することができるものとします。但し、割引対象外の商品もあるものとします。第4条(本講座の申し込み)
1. 本講座の受講希望者(以下「受講希望者」という)は、当社又は認定インストラクターが発行する申込票、本サイト上に掲載する手続、又は当社もしくは認定インストラクターの定めるその他の手続に従って、受講の申込(以下「受講申込」という)を行ない、氏名・住所・電話番号その他当社又は認定インストラクターの別途定める事項について、正確且つ最新の情報(以下「登録情報」という)を申込書その他に記載して提供するものとします。
2. 受講者が、本講座を勤務先等の所属団体(以下「所属団体」という)を通じて申し込む場合(以下、「団体申込」という)、所属団体と各受講者は、連帯して、本規約に基づく義務を負うものとします。
3. 当社又は認定インストラクターは、第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、申込みに対する承諾を拒否することがあります。
(1) 当社又は認定インストラクターに提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(2) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
(3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
(4) その他、当社又は認定インストラクターが受講を適当でないと判断した場合第5条(本講座受講申込の承諾)
1. 当社又は認定インストラクターは、受講希望者に対して、受講申込を承諾しない場合には、受講希望者に対して、本講座の受講を承諾しない旨を通知するものとします。
2. 当社又は認定インストラクターと受講者間の本講座の提供に係る契約(以下「本契約」という)は、受講料金全額の入金を確認したときに有効に成立し、受講希望者は、本規約の定めに従い受講者たる資格を取得するものとします。第6条(登録情報の使用)
1. 当社は、当社のウェブサイトに掲載されるプライバシーポリシーに従い、登録情報及び受講者が本講座を受講する過程において当社又は認定インストラクターが知り得た情報(以下「受講者情報」という)を使用することができるものとします。ただし、プライバシーポリシーの適用においては、「当社」との記載を認定インストラクターと読み替えるものとします。また、共同利用される個人データの項目には、受講履歴、成績及びログデータを含むものとします。
2.受講生は、当社又は認定インストラクターの要望により、受講生の写真等を撮影した場合には、これが、当社又は認定インストラクターのウェブサイトに掲載されることに予め承諾するものとします。第7条(講義内容に対する権利)
1. 本講座に含まれる一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報、本講座において提供される教材、書籍及びビデオその他一切の著作物、その他本講座で使用される一切の名称及び標章(以下併せて「講義内容」という)についてのノウハウ、著作権及び商標権その他一切の権利は全て当社に帰属し、認定インストラクター及び受講者は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。認定インストラクター及び受講者が受講と関連して考案した一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報や著作権等は当社に無償譲渡されるものとし、認定インストラクター及び受講者は当社に対し、著作者人格権も行使しないものとする。
2. 受講者は、講義内容及び講義で使用した道具を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、いかなる方法においても、受講者個人の私的利用の範囲外で使用し、コピープロテクトその他の技術的保護手段に用いられている信号の除去もしくは改変等を加え、又は、第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、翻訳、使用許諾等を行ってはならないものとします。
3. 受講者は、別途当社又は認定インストラクターが書面により明示的に許可する場合を除き、録音、録画、撮影その他いかなる方法又は媒体を用いるかを問わず、講義内容を記録することはできないものとします。
4. 受講者は、本講座の受講に際して、他の受講者から取得した一切の個人情報について、いかなる第三者にも開示又は漏洩してはならないものとします。但し、認定インストラクター及び当社は、受講者による他の受講者の個人情報の取扱に関して一切の責任を負わないものとします。

第8条(受講者資格の中断・取消)
1. 受講者が以下の項目に該当する場合、当社又は認定インストラクターは、事前に通知することなく、直ちに本契約を解除し、当該受講者の受講者資格を停止又は将来に向かって取り消すことができるものとします。
(1) 受講申込において、虚偽の申告を行った等、第4条3項に反することが判明した場合。
(2) 本講座内容を適切に理解できない可能性がある場合その他当社又は認定インストラクターが本講座の受講者としての適格性に欠けると判断した場合。
(3) 認定インストラクター又は当社が別途禁止する行為を行った場合。
(4) 受講者に対する破産、民事再生その他倒産手続の申立てがあった場合又は受講者が後見開始、保佐開始もしくは補助開始の審判を受けた場合。
(5) 本講座期間中に当社の定めたスケジュールに従って行動をしない場合。
(6)当社、他の認定インストラクター又は受講生等の関係者に対し、誹謗中傷、名誉を侵害する行為、脅迫的行為等の不適切な行為を行なっていると当協会が判断した場合
(7) 本規約に違反した場合。
(8) その他、受講者として不適切と当社又は認定インストラクターが判断した場合。
2. 当社又は認定インストラクターは、本条1項に該当する場合の外、受講者が本講座の進行の妨げになると判断した場合、退席を命じることがあります。

第9条(受講日程、キャンセル等)
1. 受講者が受講料を入金した後に、受講日を予約した講義についてキャンセル又は変更する場合には、講義の4日前までに行うものとする。
2.受講生は料金表に定めるコース1つにつき、1年以内に取得するものとする。1年以内に1コース終えられない場合には、原則として、受講し終わった段階より後の講義より再度、受講するものとし、受講料金は、料金表記載の金額にそれぞれの講座毎に10%の金額を加算した金額を支払うものとする。
仮に、受講生が、1年以内に1コースが終わらず、受講し終わった講義について再受講を希望する場合には、受講生は、料金表に定める10%の金額を支払うことにより、再受講をすることができるものとする。
3.受講生は、受講後は、受講した授業について、いかなる理由があろうとも受講料について返金を求めることはできないものとする。

第10条(解約)
1. 受講者は、本講座の開始前1週間前までに限り、いつでも、本サイト上に掲載する手続に従い、当社又は認定インストラクターに対し、当社又は認定インストラクターの要求する書類等を同封した返金依頼書と送付し、受け取った教材等の一式を返送することにより、本契約を解約することができます。
2. 団体申込で受講申込を行った受講者のいずれかが、本項に基づき本契約の解約を通知した場合、解約した受講者についてのみ本契約が解約されたものとして取り扱います。
3. 本条に基づく解約の場合、当社又は認定インストラクターは、受講者に対し、解約通知の到達後30営業日以内に、受講料金全額を返還するものとします。但し、解約通知が本講座の開始日の1週間前以降に到達した場合、当社又は認定インストラクターは、返金額から当社又は認定インストラクターの定める手数料(事務手数料:5250円)を控除することができるものとします。
4. 受講者が第5条に従い承諾を得た日時に開催される本講座の一部でも受講している場合は、第10条は適応されず、第9条のみが適応されるものとします。
5. 本条に基づき解約がされた場合において、当社又は認定インストラクターの責任は、本条に定める受講料金の返金に限られるものとし、その他一切の責任を負いません。

第11条(講座の中止・中断及び変更)
1.当社又は認定インストラクターは、本講座の運営上やむを得ない場合には、本講座の運営を中止・中断できるものとします。この場合、速やかに当社又は認定インストラクターは別の受講日を調整するよう最大限の努力をするものとします。
2.当社が破産、事業譲渡、その他の理由で本事業を停止する場合は、受講生に対し3か月前に通知することで、無償でレッスン等を停止することができるものとします。当社が本事業を停止する際に3か月を切って受講生に告知し、受講生がレッスンを受けきれないまま、レッスン代金が残っていた場合には、当社はレッスン代金等を返金するものといたします。もっとも、当社は、他にレッスンを教えられる認定インストラクターを紹介することにより返金を免れることもできるものとします。
なお、受講生は、レッスンの返金以外に、当社に対し、損害賠償等あらゆる請求をしないものとします。
3.当社のやむをえない事由により、レッスン講座の内容や料金設定が予告なく変更される場合があります。この場合、9条記載の4日前を切っていたとしても受講生は、レッスンを無料でキャンセルことができます。ただし、キャンセルの意向は可及的速やかに当社に知らせるものとします。

第12条(損害賠償)
1.受講者が、本講座や当社の商品、当社のレッスンに起因又は関連して、当社、認定インストラクター又は第三者に対して損害を与えた場合(当社、他の認定インストラクター又は受講生等の関係者に対し、誹謗中傷、名誉を侵害する行為、脅迫的行為等の不適切な行為を行なっている場合を含むがこれに限らない。)、受講者は、一切の損害を補償するものとします。受講者と他の受講者その他の第三者との間で紛争が発生した場合、受講者は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当社又は認定インストラクターに生じた一切の損害を補償するものとします。
2.受講生は、以下をはじめとして、本講義に使用される粘土状の機材(以下「グル―」という)、吸引機材(以下「バキューム」という)、形成用機材(以下「シークレットボール」という)、印刷機(ラミネート用印刷機)等(グル―やバキューム材等、講義において使用される一切の機材を合わせて「本機材」という)の性質、性能を正しく理解し、当社及び認定インストラクターの指導の下に、本機材を適切に使用し、受講者自ら事故の防止に努めることを誓約します。本機材の使用方法を誤って生じた損害について、当社又は認定インストラクターは何ら責任を負わないものとします。また、本機材の製品の性質、機能、製品保証等については、当社は何ら責任を持たないものとし、受講生は、直接、製造元に直接確認の上、自己で請求を行う等の解決をするものとします。
(1)グル―が直接肌に触れた場合には、炎症やアレルギー等を起こす可能性があることを認識し、必ず、適切なグローブ等を装着し、必要十分な注意を払って形成作業を行うものとします。仮に、グル―が直接肌に触れてしまった場合には、石鹸等を使って、沢山の水で長時間(15分以上)洗い流すなどの適切な措置を採るものとします。肌に異常が見られる場合には、直ちに医学的処置を受けるものとします。
(2)グル―を目や口に入れてしまった場合には、炎症、その他の危険があることを認識し、目や口に入らないよう適切な装備をした上で、必要十分な注意を払って形成作業を行うものとします。仮に、グル―が目や口に入った場合には、直ちに除去し、水で洗い流し、医学的処置を受けるものとします。
(3)講義をはじめ、グル―を使用・保管する際には、通気性に優れ、涼しく乾燥した場所で行うものとし、連続して長時間の使用は避け、適切に換気するものとします。
(4)本機材に火を付けることは勿論、火気を近づけないよう十分に注意するものとします。
(5)グル―をはじめ、本機材に対し、酸性、アルカリ性物質等を問わず、如何なる溶液にも接触させず、当社又は認定インストラクターから提供されたままの状態で使用するものとします。
(6)バキューム、シークレットボールが一定程度の重量のあることを認識し、机から落として足を怪我したりしないよう、十分な注意を払った上で作業を行うものとします。

第13条(保証)
1.本講座は、受講者が講義内容を習得することを保証するものではなく(ラミネート作成コースはイラストレーターの能力をマスターするものではない等)、受講生は、自己の技術能力等の個人的事情により、受講後の結果が異なり得るものであることを了承する。
2.受講生は、前項と同様に、受講生が受講後に認定インストラクターとなり、講義を行うことによって、確実に利益を上げられることを保証されたものでもないことを了承する。

第14条(当社又は認定インストラクター等の責任)
1. 当社又は認定インストラクターは、当社又は認定インストラクターの故意又は重過失に基づく場合を除き、本講座又は本規約に関連して受講者又は第三者が被った損害について何ら賠償責任を負わず、仮に損害賠償責任を負う場合であっても、当社又は認定インストラクターが当該受講者から現実に受領した受講料金の範囲内でのみ、損害賠償責任を負うものとします。その他の、受講者又は他の受講者の過失に基づいて、受講者が損害を被った場合には、受講者自らが損害を与えた他の受講者との間で責任をもって解決するものとします。
2. 理由の如何を問わず、受講者が、当社又は認定インストラクターによる本講座の開催場所に物を残置し、当該本講座終了後1ヶ月以内に当社又は認定インストラクターの定める手続により返還を請求しなかった場合、当社又は認定インストラクターは、受講者が当該物件に対する所有権その他の権利を放棄したものとみなして、これを任意に処分することができるものとし、当該物に関して一切の責任を負わないものとします。

第15条(通知及び同意の方法)
1. 当社又は認定インストラクターから受講者への通知は、本規約に別に定めのある場合を除き、当社又は認定インストラクターからの電子メールもしくは本サイト上の一般掲示又はその他当社又は認定インストラクターが適当と認める方法により行なわれるものとします。
2. 前項の通知が電子メールで行なわれる場合には、登録情報として登録された電子メールアドレス宛への当社又は認定インストラクターからの発信をもって通知が完了したものとみなします。但し登録情報が正確もしくは最新でなかった場合には、当社又は認定インストラクターからの通知が不到達となっても、本項に定める時点で到達したとみなされるものとします。
3. 本条1項の通知が本サイト上の一般掲示で行なわれる場合は、当該通知が本サイト上に掲示された時点(本サイトにアップロードされた時点)をもって受講者への通知が完了したものとみなします。
4. 当社又は認定インストラクターは、上記いずれかの方法により受講者に通知を行なった場合、通知の完了後1週間以内に受講者からの異議申し立てがないか、又は、通知完了後受講者が当社又は認定インストラクターの本講座に参加した場合には、その時点で受講者が同通知の内容に同意したものとみなします。

第16条(認定インストラクター)
受講生が認定インストラクター又はグル―マスターになることを希望した場合、当社が別途定める認定インストラクター規約に同意の上、当社が定めた手続にしたがって、認定を受けるための制作課題のキットを購入し、制作課題を提出する必要があることを予め了承します。
受講生は、グル―マスター又は認定インストラクターとしての資格を取得するか否かに関わらず、当社の講座を卒業し、当社の生徒であったことや、卒業生であること等を生かして、他者にレッスン、講座等を行う場合は、当社のブランドイメージを毀損しないよう、講義内容、カリキュラム、料金等に配慮し、クオリティを保つよう努力するものとし、卒業の前後を問わず、有償で他人にレッスン等を行う場合は、事前に当社に報告し、了承を得るものとする。
受講生は、卒業後も、必要に応じて、当社と必要な情報交換を行うものとする。

第17条(管轄)
本規約又は本講座に関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

付則 本規約は2014年6月28日より実施するものとします。

グル―アーティストジャパン協会認定インストラクター規約

本規約(以下「本規約」という)は、グル―マスターとなるための認定を受けるため制作課題の購入を申し込む者、既にグル―マスターとなった者及びグル―アーティストジャパン協会に入会を申し込み、認定を受けたグル―アーティストジャパン協会(以下「協会」という。)の認定インストラクター(以下、本規約の適用される者を指す総称として「申込者」といいます。)に適用されます。

前文
グル―マスターとは後記に定める必要な講義を履修し、制作課題を購入し、これを提出して認定を受けた者をいいます。
認定インストラクターとは、協会に入会金を支払い、協会から認定を受けたグル―マスターをいいます。
なお、協会は認定インストラクターとなることを推奨しており、単に制作課題の認定を受けたに留まるグル―マスターと大きく以下の点が異なります。
①講義用キットが購入でき、自らの生徒を当協会の認定インストラクター又はグル―マスターとすることができる講義を開催できるのは認定インストラクターのみです。
②グル―マスターも当協会から割引で商品を購入できますが、認定インストラクターの方が高い割引率で商品を購入することができます。

第1条(本規約の範囲及び変更)
1. 申込者は、当協会の運営するウェブサイト(以下「本サイト」という)、メール等の当協会の便宜な方法により案内された本規約掲載画面の「同意する」ボタンをクリックすること、当協会の指定する申込書に記名捺印すること、又は、認定インストラクター又はグル―マスターになるための制作課題の購入を申し込む際には事前に本規約の内容を確認した上で承諾するものとし、これらの行為後は承諾したものとみなされます。
2. 当協会は、本規約を変更する場合には、申込者、認定インストラクター等に通知を行うものとします。当該通知後、申込者、認定インストラクター等は変更された本規約を確認し、同意した上で、認定インストラクターとしての活動を行うものとします。

第2条(認定インストラクター資格)
1.認定インストラクター又はグル―マスターとなるためには、①グル―アクセサリーコースA~Cコース、②グル―ボールコースの全ての講座を受講し、その受講を終了し、制作課題を購入後、それを提出してグル―マスター認定を受けなければなりません。
2.認定インストラクターとなるためには、グル―マスターとなった後又は同時に協会に入会を申し込み、入会金を支払う必要があります。認定インストラクターとして活動するためには、当協会が指定する期日までに更新料を支払う必要があり、以後も1年毎に更新する必要があります。
3.認定インストラクター又はグル―マスターと認定された者は、それぞれ証明書(以下「ディプロマ」という。)を受領することができ、さらに、認定インストラクターは、当協会の認定インストラクターとして登録され、協会のホームページで宣伝して貰えるものとします。
4.認定インストラクター又はグル―マスターは、講義を行う際は、当協会のブランドイメージを毀損することのないよう十分に配慮し、受講生が規約を遵守するよう、正しく指導するものとします。

第3条(キット購入料金等)
1.認定インストラクターは当協会が別途定める料金表に基づき、一部の商品を除き通常価格よりも割安で粘土状の機材(以下「グル―」という)、吸引機材(以下「バキューム」という)等の機材、シークレットボール等を割安で購入できるものとします。協会に入会しないグル―マスターは認定インストラクター程の割引は受けられないものの、通常よりも割引価格で機材等を購入することができるものとします。
2.認定インストラクターは、自己の生徒がグル―マスター及び認定インストラクターの認定を受けるために履修すべき講義キットを購入することができますが、協会に入会しないグル―マスターは講義キットを購入することはできないものとします。

第4条(情報提供及び情報管理)
1. 認定インストラクター及びグル―マスターを含む申込者は当協会に対し、当協会の定める手続に従って、自己の氏名・住所・電話番号その他当協会の別途定める事項について、正確且つ最新の情報(以下「登録情報」という)を通知し、変更があった場合には速やかに報告するものとします。
2.認定インストラクターは、原則として、当協会のカリキュラムに従った①グル―アクセサリーコースA~Cコース、②グル―ボールコースの講義を行うものとするが、認定インストラクター及びグル―マスターが、これらのコース以外に有償で他人にレッスン等を行う場合は当協会に対し、事前に、レッスン内容、報酬、自己が教える予定の受講生の氏名を速やかに報告するものとします。
3. 当協会は、当協会のウェブサイトに掲載されるプライバシーポリシーに従い、受講者及び認定インストラクターの登録情報及び受講者が講座を受講する過程において当協会又は認定インストラクターが知り得た情報(以下「受講者情報」という)を使用することができるものとします。ただし、認定インストラクターが受講生に対して使用する規約についてのプライバシーポリシーの適用においては、「当協会」との記載を認定インストラクターと読み替えるものとします。また、共同利用される個人データの項目には、受講履歴、成績及びログデータを含むものとします。
4.認定インストラクターは、自己の生徒の作品等の写真等を当協会に対し積極的に提供し、自己の生徒に対し、当協会のウェブサイトに写真を載せることを積極的に勧めるものとします。
5. 認定インストラクターは、自らの受講生が認定インストラクターに相応しくないと思料する場合は、その旨、速やかに当協会に対し報告するものとします。

第5条(ライセンスの剥奪)
1.当協会は、認定インストラクター又はグル―マスターが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、認定を剥奪することがあります。
(1) 当協会に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(2) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかったことが発覚した場合
(3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当協会が判断した場合
(4) 当協会の事前の承諾なく、当協会と同業、類似若しくは競合する内容の講習、販売、若しくは営業等を行い、又は、当協会と同業、類似若しくは競合する事業、組織の設立等を行うことにより当社に損害を与えた場合
(5) 当協会、他の認定インストラクター又は受講生等の関係者に対し、誹謗中傷、名誉を侵害する行為、脅迫的行為等の不適切な行為を行なっていると当協会が判断した場合
(6) 更新料を期限までに支払わず、当協会から支払の催促を受け、相当期間経過しても更新料の支払を行わない場合
(7) 本規約に違反する場合、その他、当協会が認定インストラクター又はグル―マスターとして適当でないと判断した場合
2.当協会は認定インストラクター又はグル―マスターが前項のいずれかに該当し、認定インストラクター又はグル―マスターとしてのライセンスを剥奪する場合には、認定インストラクター又はグル―マスターとしての登録を抹消し、その者に対して、認定インストラクター又はグル―マスターのライセンスを剥奪した旨の通知を行い、爾後、その者に対して、講座用キットを販売しないものとする。
3.前項の通知を受けた者は、通知受領後、当協会に対し、ディプロマを返送する。また、自己のブログを含め、他人に対し、あらゆる方法で認定インストラクター又はグル―マスターである旨の表示を行ってはならず、自己の使用を除き、受講生に教える等の行為を行なってはならない。なお、ライセンスを剥奪された者は、理由の如何を問わず、それまでにライセンスを取得するために支払った講義費用等の費用、入会金、更新料、グル―や講義用キットの購入費用等のあらゆる費用の返還を当協会に求めることができない。
4.認定インストラクターは、認定ライセンスを持っていない者(ライセンスを剥奪された者を含む)に対し、講義用キットを販売してはならないものとします。

第6条(講義内容)
1. 申込者は講座に含まれる一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報、講座において提供される教材、書籍及びビデオその他一切の著作物、その他講座で使用される一切の名称及び標章(以下併せて「講義内容」という)についてのノウハウ、著作権及び商標権その他一切の権利は全て当協会に帰属し、申込者は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。申込者が受講と関連して考案した一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報や著作権等は当協会に無償譲渡されるものとし、申込者は当協会に対し、著作者人格権も行使しないものとする。
2. 申込者は、講義内容及び講義で使用した道具を自己が教える受講生の講義の目的にのみ使用するものとし、いかなる方法においても、講義目的及び私的利用の範囲外で使用し、コピープロテクトその他の技術的保護手段に用いられている信号の除去もしくは改変等を加え、又は、第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、翻訳、使用許諾等を行ってはならないものとします。
3. 申込者は、別途当協会が書面により明示的に許可する場合を除き、受講生が録音、録画、撮影その他いかなる方法又は媒体を用いるかを問わず、講義内容を記録させてはならないものとします。
4.申込者は、当協会との契約に関して、取得した一切の個人情報について、いかなる第三者にも開示又は漏洩してはならないものとします。
5.認定インストラクター及びグル―マスターは、当協会のブランドイメージを毀損しないよう、当協会で行われる講義内容、カリキュラム、スケジュール等と遜色ないものとするよう最大限努力するものとする。

第7条(受講日程、キャンセル等)
認定インストラクター及びグル―マスターは、当協会のブランドイメージを毀損しないよう、当協会の規約及び料金表を十分に尊重した上で講義を行うものとする。

第8条(解約)
認定インストラクター及びグル―マスターは当協会規約10条を尊重し、受講者との間で紛争にならないよう十分に注意しながら解約手続を行うものとする。
認定インストラクターが当協会の認定インストラクターを辞め、当協会から退会する場合は、退会届を提出します。この場合、それまで当協会に支払った受講料、入会金、更新料等の一切の金銭は返金されないものとします。

第9条(講座の中止・中断及び変更)
認定インストラクター及びグル―マスターは、講座の運営上やむを得ない場合には、講座の運営を中止・中断できるものとします。この場合、速やかに認定インストラクター及びグル―マスターは別の受講日を調整するよう最大限の努力をするものとします。認定インストラクター及びグル―マスターの講座の中止・中断による受講生との紛争は、認定インストラクター及びグル―マスター自身で解決し、当協会に迷惑をかけないものとします。

第10条(損害賠償)
1.認定インストラクター及びグル―マスターが当協会、自己の受講者又は第三者に対し損害を与えた場合、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに損害を賠償し、当協会に迷惑をかけないものとします。
2.認定インストラクター及びグル―マスターは自己の受講生に対し、以下をはじめとして、本講義に使用される粘土状の機材(以下「グル―」という)、吸引機材(以下「バキューム」という)、形成用機材(以下「シークレットボール」という)等(グル―やバキューム材等、講義において使用される一切の機材を合わせて「本機材」という)の性質、性能を正しく理解させ、本機材を適切に使用させ、事故の防止に努めることを誓約します。認定インストラクター及びグル―マスターの受講者が本機材の使用方法を誤って生じた損害について、当協会は何ら責任を負わないものとします。
(1)グル―が直接肌に触れた場合には、炎症やアレルギー等の不具合を起こす可能性があることを認識させ、必ず、適切なグローブ等を装着させ、必要十分な注意を払って形成作業を行わせるものとします。仮に、グル―が直接肌に触れてしまった場合には、石鹸等を使って、沢山の水で長時間(15分以上)洗い流すなどの適切な措置を採らせるものとします。肌に異常が見られる場合には、直ちに医学的処置を受けさせるものとします。
(2)グル―を目や口に入れてしまった場合には、炎症、その他の危険があることを認識させ、目や口に入らないよう適切な装備をさせた上で、必要十分な注意を払って形成作業を行わせるものとします。仮に、グル―が目や口に入った場合には、直ちに除去し、水で洗い流し、医学的処置を受けさせるものとします。
(3)講義をはじめ、グル―を使用・保管する際には、通気性に優れ、涼しく乾燥した場所で行い、連続して長時間の講義をせず、適切に換気を行うものとし、受講生にもこれを守らせるものとします。
(4)本機材に火を付けることは勿論、火気を近づけないよう十分に注意するものとします。
(5)グル―をはじめ、本機材に対し、酸性、アルカリ性物質等を問わず、如何なる溶液にも接触させず、当協会又は認定インストラクターから提供されたままの状態で使用させるものとします。
(6)バキューム、シークレットボールが一定程度の重量のあることを認識させ、机から落として足を怪我したりしないよう、十分な注意を払わせた上で作業を行わせるものとします。

第11条(保証)
1.認定インストラクター及びグル―マスターは、講座が、受講者に対し講義内容を習得することを保証するものではなく、自己の技術能力等の個人的事情により、受講後の結果が異なり得るものであることを十分に認識させます。
2.認定インストラクター及びグル―マスターは受講生が受講後に認定インストラクターとなり、講義を行うことによって、確実に利益を上げられることを保証されたものでもないことを十分に認識させます。

第12条(通知及び同意の方法)
1. 当協会から申込者への通知は、本規約に別に定めのある場合を除き、当協会からの電子メールもしくは本サイト上の一般掲示又はその他当協会が適当と認める方法により行なわれるものとします。
2. 前項の通知が電子メールで行なわれる場合には、登録情報として登録された電子メールアドレス宛への当協会からの発信をもって通知が完了したものとみなします。但し登録情報が正確もしくは最新でなかった場合には、当協会からの通知が不到達となっても、本項に定める時点で到達したとみなされるものとします。
3. 本条1項の通知が本サイト上の一般掲示で行なわれる場合は、当該通知が本サイト上に掲示された時点(本サイトにアップロードされた時点)をもって申込者への通知が完了したものとみなします。
4. 当協会は、上記いずれかの方法により申込者に通知を行なった場合、通知の完了後1週間以内に申込者からの異議申し立てがない場合には、その時点で同通知の内容に同意したものとみなしますので、申込者は、適宜本サイト等の確認を怠らないものとします。

第13条(当協会の閉鎖等について)
1.当協会が破産、事業譲渡その他の理由により、当該事業を停止又は廃止等した場合、認定インストラクター及びグル―マスターは、当協会の帰趨に関わらず、受講生に講義を継続することができるものとする。
2.当協会が前項の事情等により当該事業を停止又は廃止等した場合、認定インストラクター及びグル―マスターは自己が講義用に住居を改装した費用、購入していた本機材の代金等、本事業に関するあらゆる費用について当協会に請求できないことを予め了承する。

第14条(管轄)
本規約又は講座に関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

付則 本規約は2014年6月28日より実施するものとします。

同意する